大斎原

─おおゆのはら─

天をも貫く大鳥居が迎えてくれる大斎原は、熊野本宮大社の旧社地で熊野川・音無川など3本の河川の中洲に出来た広大な敷地に鎮座していた。残念ながら明治22年の大水害で、12社殿のうち多くが流失したが、流失を免れた3社殿と東門が現在の位置に移築された。
しかし、この地に立ってみるとまず空気が違う。社殿が移築された後でも、何かを感じさせる不思議なパワーが今なお存在する。
そして、ここからは川船に乗り新宮の速玉大社を目指した。

大斎原 No.1 大斎原 No.2 大斎原 No.3